バイリンガル育児に憧れるけど、英語を話せないママへ。話せなくても大丈夫!

こんにちは!Lily(リリー)です。

私には、2019年現在4歳になる息子(Harry:ハリー)がいます。

そしてHarryが1歳半の頃から、バイリンガル育児を実践中です。

 

 

妊娠中やお子さんがまだ小さい方なら、こんな風に一度は考えた事があるんじゃないでしょうか??

Lily

子どもをバイリンガルにしたい!

私も例に漏れずそうでした。

妊娠中からインターの保育園を調べたり、有名な教材を調べたり色々やっていました。

そんな中、ある大きな壁がある事に気づいたんです。

Lily

私全然英語喋れないよ〜!

そうなんです。

私は英語能力は高校止まりで皆無、夫も同じく・・・。

しかも高校止まりと言えど、知っているのは

「This is pen」くらい。

未来形も過去形もぜ〜んぶ受験終了と共に捨ててきちゃった。

 

 

「両親のどちらかが外国人、もしくは片方が英語ペラペラ」

そんな家庭であればあるほど、子どもは英語を話しているように当時は見えたので、

こりゃバイリンガルにするのは難しいかなあと半ば諦めてしまいました。

 

ところが!

Harryが1歳半になる直前の秋にある記事を目にしたのです。

それは、全く英語を話せなかった方がバイリンガルを育てていると言うものでした。

 

親が全く英語を話せなくてもバイリンガルになれる!?

 

「インターなり何なり、どこかに通うなら親の英語は必須」

「でも今更英語の勉強なんてできないよ〜」

そう思っていたので、

話せなくてもバイリンガルにできる環境が作れるんだ!!

と、小躍りするような気分で

実際にお子さんをバイリンガルに育てていらっしゃる方の

お話を聞きに伺いました。

 

 

それが、

「ことのはバイリンガル育児®︎」。

辻智美さんとの出会いでした。

↓↓↓↓↓クリックで飛べます↓↓↓↓↓

参考 ことのは〜英語ゼロからのバイリンガル育児〜現在13歳 &7歳

 

本当に英語が話せなかったの??

 

私がお会いした時には、

もう英語がペラペラだった智美さん。

当時、バイリンガル育児を既に10年もされていたんです!

智美さんはその10年間、「英語を話すための勉強」は一切していなかったそう。

でも突然口から出てくる英語はとっても流暢で驚いたのを覚えています。

 

 

じゃあ最初から英語の能力があったのか?

そこが気になりますよね。

その実力はというと・・・。

私と同じく全く喋れなかったそうです。

 

 

どれくらいかと言うと・・・

プライベートの自宅レッスンに来てくれている外国人の方と、

次のレッスンの予定を予約するのに

カレンダーを指差すくらいの英語力(?)だったんですって!

もうそれ英語力というよりジェスチャーに近いですよね🤣

 

それを聞いて

「なら私にも出来るのかもしれない・・・!」

と私に希望の光が差したのです。

 

 

そしてそんな智美さんのバイリンガル育児を聞く中で、

私は目から鱗をボロッボロに落とす事になります。

 

 

これを知ると知らないとでは、

バイリンガル育児の未来が全く変わって来ます。

そして非常に重要なポイントなんです。

それは、次の記事でご紹介しますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です