バイリンガル育児で最も大切なのは●●だった

こんにちは!Lily(リリー)です。

前回の記事で、英語を話せない私でもバイリンガル育児ができるかも!?

となったきっかけをお伝えしました。

バイリンガル育児に憧れるけど、英語を話せないママへ。話せなくても大丈夫!

 

少し話を遡りますが、

私は息子を産んでから

いわゆる「自然派育児」にどっぷり浸かっていました。

 

そこでのSNSの繋がりの中で

「早くからの英語教育なんてナンセンス!」

「日本語をきちんとやらないでどうして英語をするの?」

という考え方を幾度となく目にしており、

「バイリンガル育児をしたいという私の考えは間違っているんだろうか・・・」

と悩む日もありました。

 

 

ところが、初めて智美さんのランチ会に参加した時に、

私の不安を一瞬で吹っ飛ばしてくれた言葉があります。

それは・・・。

「皆、バイリンガルにしたいって言うけどな。

ちゃんとやってれば英語は勝手に喋るようになるねん。

大事なのは英語じゃない、日本語やで!!」

これです(笑)

なかなか衝撃的でしょ??

 

智美さんってダレ??って方はこちら↓

参考 ことのは〜英語ゼロからのバイリンガル育児〜現在13歳 &7歳

 

 

バイリンガル育児をする上で一番大切なのは日本語!

 

バイリンガルにできる、という話を聞きに行って

英語の取り組みの話がメインかと思いきや、

まさか日本語重視の話が飛びだすとは全く思ってもいませんでした。

“Lily”

えっそんなに日本語を大事にしないといけないの!?

日本に暮らしていて、

周りの環境が日本語だから

「日本語が喋れる」事は

放っておいても勝手に出来るようになると思ってました。

 

だからそもそも、

バイリンガル育児をしたい!と思った時に

日本語の心配なんて思いつきもしませんでした。

No心配。

 

するとそんな私の表情を読み取ったのでしょう。

智美さんから更なる驚きの一言が。

「日本語は普通に暮らしてたら

喋れるようになると思ってるやろ。

甘い!甘いで!!

 

英語の話せないママがする事は

一人一言語。

ママからしか日本語を習得出来ないねんで。

 

ママが英語を語りかけるんじゃないよ。

ママが日本語でしっかり語りかけしないと

あっという間に英語優位になってしまうよ」

一人一言語ってなんぞや?はこちらの記事↓

参考 世界で1番簡単なバイリンガルの育ち方ことのは〜英語ゼロからのバイリンガル育児〜

 

これまた衝撃的でした・・・。

忘れられません(笑)

 

でもこの一言があったからこそ、

私はとても安心したんです。

周りの人が言うように、バイリンガル育児をするからと言って、

決して日本語をないがしろにするわけじゃない。

 

むしろ逆で、日本語を大事に考えられるようになるんだ!

凄く嬉しかった感情を、今でもよく覚えています。

 

そしてやはり英語を全く喋れない私は

「あ、英語頑張らなくていいんだ」

とホッとしたことも覚えています(笑)

 

 

だから私は、この智美さんとのやり取りで

「ことのはバイリンガル育児®︎」のやり方、

何より智美さんを信じて始めてみようと思ったのでした。

 

実際、この最初の出会いから約3年経ち、

智美さんのアドバイスとサポートを日々受けて行く事で

息子Harry(ハリー)はペラペラと英語を話すようになりました。

 

しかし、私の関心事はただ一つ。

・ Harryの日本語レベルは今どれくらいか?

 

です(笑)

 

英語で話す内容はまあまあ流暢で、

私が聞き取れない部分も増えてきました。

 

でも、「わあ!!英語喋ってる!!」とはなりません。

「今、日本語でどんな言い回しや表現ができているか??」

そこを気にして、足りない部分は

どうやったら補えるか??

 

それだけを考え日々模索しています。

どんな模索か?は紆余屈曲あるので(笑)

また別記事にしていきますね。

 

 

さて、最後に大事な事なのでもう一度言いますね。

バイリンガル育児する上で最も大切なものは日本語なんですって〜!

テストに・・は出ないか😅

 

 

この衝撃的な、ですがとても重要なお話は

ことのはバイリンガル育児®︎をされている

辻智美さんのランチ会で聞くことができます。

今後は動画販売も予定されていますよ✨

販売が開始されたらこちらでもご紹介しますね。

(私も撮影・編集として関わらせて頂いております❤️)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です